関節の痛みはサプリで解消【有効成分を知っておこう】

そこが知りたい膝の異変

肘

膝の軟骨のすり減りが原因

中高年の4割以上が膝の痛みに悩んでいると言われています。この膝の痛みは主に変形性膝関節症の症状と考えられ、原因は関節にある軟骨が加齢等によってすり減り、そのため骨に負担がかかり痛みが発生するのです。変形性膝関節症の治療には、保存療法と手術が代表的な方法です。保存療法は、膝の痛みを緩和するために行うもので、膝周囲の筋肉を鍛えて負担を減らすために行うリハビリ、血行を良くするために行う温熱療法や腫れを引かせるための寒冷療法、関節のブレによる痛みを防ぐサポーター、痛み止め等の薬物療法などがあげられます。保存療法でも効果が上がらない重症の場合は、手術が行われます。変形性膝関節症は、放置すると症状が重くなり、ひどくなると痛みで歩くことや立つことが困難になるやっかいな病気です。また、改善するには長期的な治療が必要で、なおかつ患者さん自身も日々自主的に取り組むことが求められます。いつまでも問題なく日常生活をおくるには、医師による指示をきちんと守ることが大切です。こうした治療とともに、さらに改善のプラスになると言われているのが、グルコサミンが配合されているサプリメントや健康食品の摂取です。グルコサミンは、軟骨の主成分で元々体内にある成分です。しかし加齢とともに減少することから、それが原因で変形性膝関節症の軟骨がすり減るという症状が起こると考えられています。そこで、この足りなくなったグルコサミンを外から補うことで軟骨が再生し、それにより変形性膝関節症の症状の改善が期待されるのです。グルコサミンが配合されたサプリメントや健康食品は人気が高く、多くのメーカーから販売されています。各メーカーごとに配合量等に違いがありますが、1ヶ月分2000〜5000円台が一般的な相場です。